FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『響きわたるシベリア杉』 ウラジーミル・ミグレ著

『響きわたるシベリア杉』
 -響きわたるシベリア杉 シリーズ2-

シリーズ1巻目『アナスタシア』の続編。
シベリアのタイガで美しきアナスタシアと出会った著者・ウラジーミル・ミグレが綴る美しい実話。

1巻の『アナスタシア』でアナスタシアと彼女の言葉の素晴らしさに感動しました。
自分で声を掛けて育てた植物が、自分の体調を整えてくれる・・・などなど。

本書はその第2巻。
アナスタシアの美しい生い立ちから、以後地球のために、そして人類を闇の組織から救うために行ってきている活動が綴られていきます。

この美しい著書を私たちが読めるのはアナスタシアの意思ではあるものの、ウラジーミルが本書を執筆したから。
ビジネスに失敗し、起業家協会立ち上げもうまくいかず自殺寸前だったウラジーミルが出会った元ロシアの将校・イワンが死の寸前まで壁に描き続けたシベリア杉。その絵を本のカバーにすることを誓い、まず本を書かなければならなかったとアナスタシアの言葉を正しく理解し直して本を書き始めたウラジーミル。このくだりもドキドキしながら読み進めました。

人間が心理の本質に目覚めないまま、ある限界に達したとき。人間の中に現われる闇の原理が臨界点に達したとき。
そのとき、総体的な自己破壊を回避するために、地球の大災害は、多くの人間の生命を奪って、有害で人工的な生活システムを破壊する。大災害は生きて残された者たちへの教訓となる。
~~


大災害以外の方法で人々が真実を知る方法を知ろうとするアナスタシア。

沢山の人が、ある決められた時間に目覚めて、15分でも何かいいことを想えばいいと。明るい想いを。

これらの人々の光に満ちた意識によって創出されたイメージは、合流してひとつとなり、輝かしい飽和状態の意識を形成する。光の勢力に帰属する明るい意識が同時的に生まれると、各人の能力は何倍にも強化される。~~

また、アナスタシアのおじいさんも言います。
恐怖に根差した信仰ではなく、光と神そのものである愛に根差した信仰でなければならないと。

シベリア杉2
『響きわたるシベリア杉』 -響きわたるシベリア杉 シリーズ2-

シベリア杉1
『アナスタシア』 -響きわたるシベリア杉 シリーズ1-

Comment

非公開コメント

プロフィール

びすたーれぃ

Author:びすたーれぃ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。