FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンナ・アーレント』

ハンナ・アーレント(1906~75)は、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。
1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕される。ハンナはイスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表した。

アイヒマンの証言:
私は命令に従ったまでです。殺害するか否かは命令次第でした。事務的に処理したんです。私は一端を担ったにすぎません。戦時中の混乱期でしたから、上に逆らったって状況は変わらない、抵抗したところで成功しないとみんな思っていた。しかたがなかったんです。そういう時代でした。

ハンナの断定:
世界最大の悪(600万人以上とされる20世紀のユダヤ人虐殺)は平凡な人間が行う悪なのです。そんな人には敵意もなく、信念も邪心も、悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。

ハンナは、アイヒマンを「どこにでもいる平凡な人物」と見る。戦時下では誰でもアイヒマンになり得たのであり、イスラエルの法廷で被告席に座っていたのは人類全体だとも言える、と論じた。
また、ユダヤ人自治組織の指導者がナチス・ドイツのホロコーストに協力していたことを裁判の過程で知り、そのことにも言及。
ハンナのレポートは全米で激しい論争を巻き起こす。

世界中から激しいバッシングを浴びながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたハンナ。
映画の終盤、最終講義で「考えることで、人間は強くなる」という信念を熱く語る。素晴らしい場面だった。

人間がなす悪についての考察が今の日本の原発問題につながる、という発言を見聞きし、通じるところはあるかもしれない思っている。戦時下ではないが、思考停止させられた状況が今の日本なのかもしれない。そんな状況だからこそハンナが言うように「考える」ことを続けなければならない、という思いを新たにした。

hanna.jpg
2012年、ドイツ・ルクセンブルク・フランス、マルガレーテ・フォン・トロッタ監督作品

Comment

非公開コメント

プロフィール

びすたーれぃ

Author:びすたーれぃ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。